• Yuki

もう一度日本海倶楽部まで

更新日:2021年8月15日

昨日はせっかく日本海倶楽部まで行ったのに奥村さんとお話ができなかったので、もう一度日本海倶楽部に行くことにしました。七月末に開催されるイベントがどんな風になるのか、もう少しイメージを持っておきたかったのです。


今日は昨日にも増していい天気でした。朝から日差しもあり、上着なしで自転車で走り出すことにしました。昨日と同じく上戸町の海岸、春日野の浜、見附島を抜け、恋路へと進みました。恋路には昨日よりも観光客が朝から多く集まっていました。恋路から、松波を抜け、赤崎へ。赤崎のいちご園も昨日より人は多かったです。赤崎、布浦、九里川尻を抜け、キリコ橋を渡り、九里川尻川の河口へ。


そこは昨日よりもっと青く綺麗な砂浜になっていて、思わず河口まで歩いて写真を撮りました。そして、そこから最後の坂を登りきり、日本海倶楽部に着きました。


天気のおかげか、昨日よりお客様も増えていて、連休真っ盛りでした。奥村さんも忙しく働いていました。せっかくなので、テラス席に案内していただきました。外のテラス席はとても心地よく、青い海と緑の芝を見ながらぼーっとしているとあっという間に時間が過ぎました。美味しいスパゲティをいただいて、さぁもう一漕ぎ、と思っていると、少し客足が引いてきたこともあり、マネージャーの方がせっかくなので2階も見てみられたらどうですか、とおっしゃってくれました。奥村さんに案内してもらって、2階に行きました。


ここが映画会の昼の部の会場になるとのことでした。とても素敵な会議室で、映画会にはぴったりだと思いました。ベランダに出ると、さらに心地よい風が吹き抜け、なんとも素晴らしい景色です。こんな場所でイベントができるとは、それは最高だなぁと思いました。


日本海倶楽部を後にして、立壁の海を見に昨日よりももっと海沿いに降りて行きました。海のギリギリまで家が建っています。そして岬の方まで自転車で行きました。もう道がないくらいなところでしたが、綺麗な海を満喫できました。


帰りは立壁からそのまま松波を抜け、宝立町を目指しました。宝立町では鵜飼の方を回り、鵜飼漁港の近くをゆっくりと走っていると、そこここで猫たちが日向ぼっこをしていました。猫を見ると幸せな気持ちになります。猫がいつまでも幸せに暮らせる世界が続くことを願っています。



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示