• Yuki

デモの宿題と英語クラブ

とうとうパンクしてしまいました。ブートキャンプで、デモの宿題、それもグループワークの宿題が出てしまい、デモの担当で明日発表するように言い渡されてしまいました。これは参りました。デモをするなんて、本当に久しぶりです。いつもは人任せにしてきたツケがついに回ってきました。告げられたのが3時過ぎで、韓国のメンバーがプレゼンを準備してくれる、ということでサクサクとこなして行ってくれました。日本のメンバーでデモの準備をすることになったのですが、4時から会議が続き、体が空くのは5時半以降、そして5時半から、学舎にのとジンの搬入に使う台車を取りに行かなければならず、戻ってきて準備をして打ち合わせに参加できるのが、8時からしかありませんでした。そこで8時にミーティングをセットしてもらいました。


急いで学舎に着くと、学舎では修了生の方のために戸外で牡蠣や椎茸などの土地の恵みでバーベキューの準備をされていました。牡蠣食べて行ってください、と言われましたが、一方で輸入会社との電話連絡をしていると、どうにか、厚労省の問題もクリアし、成田を通過できたとのことでした。そして、国内輸送と税関の税金の請求書が届きました。予想していた額をうわまっていたのに加え、すぐに支払ってほしい、との依頼でした。自分でも一杯一杯の中だったので、なんとか時間をもらえませんか?、見積もり下さいって言ってたのに見積もりも出さないでいきなりはないでしょう?と声をまたしても荒げてしまいました。しかし、ここは冷静になって対応しなければならないところです。学舎を早々に後にして、車の中でやりくりの方法を色々考えていると、どうにかなりそうな見通しもあったので、まずは家に帰って、デモの打ち合わせ会議に参加をすることにしました。


デモの打ち合わせ会議では、いくつかポイントを教えてもらったものの、付け焼き刃の1時間で調べた程度ではとてもこなせるものではなく、これから夜中やるしかない、と思いました。しかも今日は9時から英語クラブの予定があり、もうパンクでした。そんな終わった感を持っていると、クラブのメンバーから体調が悪いから休みます、との連絡、自分はペアで対応する必要があったので、この人が休むんなら自分も休もう、ということでクラブの参加はキャンセルさせてもらうことができました。ラッキーでした。そして、会議が終わって銀行の口座の移し替えなどをやって、戻ってきて、クラブにキャンセルを告げ、さあ、これからデモの準備となりました。しかし、もうこの頃には体力は残っていなく、30分くらい準備していると眠くて仕方なくなりました。少し横になると、あろうことか朝まで寝てしまい、もうこの時点で、プレゼンのメンバーにはどうやって謝ろう、という頭でいっぱいでした。


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示