• Yuki

今月も一日参り

6月を迎えました。早いもので、日がどんどん進んでいるように感じます。


今日は興能信用金庫の豊若さんが、その後の様子をご確認に来られました。正直言って、ほとんどビジネス的には進んでおらず、何をお伝えしていいのか、という状況ではありました。


午前中のうちに加賀さんという方といらっしゃいました。まだ何もない事務所ですから、またしても奥からコットを取り出してきて、ベンチ代わりに座っていただきました。申し訳ない限りです。ビジネスの方は、まだ書類申請を先日輪島税務署の方にしてきたばかりであるということ、それから奥能登ファンドに申請をさせていただいた、ということ、そしてISICOがやっているビジネスコンテストに応募してみようかと考えている、というようなお話をさせていただきました。


ISICOの方では、アルコールではない、何か別の飲料を検討していました。やはり能登ヒバの香りがジンに取り込めなかったことで、どうにかそちらをトニックの方に入れてみてはどうだろう、というアイデアを持っていました。そんな話を漠然とさせていただいたところ、じゃあどういうところで作るんですか?ということだったので、とりあえず炭酸の施設をもているOEMメーカーを想定しています、ISICOに確認しています、と言ったところ、加賀さんの方から、じゃあ能登町の数馬酒造さんや松波酒造さんはどうですか?というお話をされました。しかしながら、酒造メーカーさんは日本酒にフォーカスしていらっしゃルコとは伺っていましたし、炭酸の設備も確かお持ちでなかったはず、いやいや、かえって困ります、というお話をさせていただいたのですが、聞いてみるだけ聞いてみます、とのこと。もちろん先方がいいですね、とおっしゃるのならそれはありがたい話ですが、とは申し上げながら、一抹の不安がありました。どうも過度に期待されているのではないかと、波長の噛み合わない感じの後味はあったものの、一旦お帰りになりました。


気を取り直して、今月も朔日参りで須須神社へと向かいました。日差しが少しずつ夏に近づいているような気配を感じます。お昼、日が高くなると、ちょっと歩くと汗ばんでくるようにもなりました。静かに境内を歩き、なんだか日がさしてきた気配を感じて空を見上げると、、何と言うことでしょう、虹の雲が太陽を覆っているのが見えました。まるで奇跡のような感じがしました。


きっと今月も何か守られているような、そんな気がしました。ちなみにこの虹の雲は、ハロー現象と言うそうです。Halo、英語だとヘイローですが日本語ではハローと呼んでいます。





閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示