• Yuki

加賀木材本社に

この日は朝早く事務所を出て、7時10分のと里山空港発の特急バスで金沢に向かいました。


9時半頃金沢に到着し、10時から14時まで部屋を借りてリモートワークでした。午後は金沢駅の西口で、お世話になっている加賀木材の横内専務に迎えに来ていただいて、内灘町そばの大野川沿いの加賀木材本社にまで連れて行っていただきました。


道すがら、横内さんから、色々なお話を伺いました。燃えない木材もえんげんの開発秘話や様々な補助金申請の大変さ、また色々なビジネスを立ち上げる時の難しさなど、教えていただきました。果たして自分には何ができるだろうと思いながら、金沢駅から浅野川沿いを走って行きました。


加賀木材本社にお邪魔すると、早速会長室にお通しいただきました。今日は、お父様の会長はいらっしゃらなかったので、お部屋をお貸しいただくことができました。お待ちしている間、メディアでよく取り上げられる増江社長はどんな方なんだろう、と思いながらお待ちしていました。新聞、テレビ、ラジオ、雑誌などでとてもよく取り上げられてらっしゃいますし、俳優のような朗らかな表情からは、いつもポジティブな未来を感じさせていただいていました。NOTOHIBAKATAのブランディングもとても成功してらっしゃり、どんなお話をお聞かせいただけるか、とても楽しみでした。


しばらくして、ノックの音でドアが開き、増江社長に面会させていただきました。日焼けした肌に、俳優のような笑顔で迎えていただきました。実際にお会いしてみると、想像していたより柔らかい物腰の理解力のある方でした。


ジンの話や能登ヒバの話、また、SDGsの話、これからの未来の話、能登の話などたくさんお話いただくことができました。特に印象的だったのが、ヒノキチオールの体への効果で、社長も実践されているとのお話でした。


帰りは横内さんに金沢駅まで送っていただきました。送っていただく道すがら、輸入木材が入って来なくなってる話や、国産材の話、これから能登の山に入って林業をやっている皆さんとコラボレーションしていく話など、様々な変化に会社も急ピッチで対応しているというお話を伺いました。


色々勉強になるお話を伺い、夕方からは金沢駅のハイアットハウスでリモートワークをしながら、深夜バスの出発を待ち、東京へとバスで向かって行きました。



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示