• Yuki

弥生会計で振り返り

連休の中日の日曜日、今日は朝から溜まっていた洗濯物をコインランドリーで洗濯し、一日ゆっくりとこれまでに溜まっていた領収証の帳簿付を行いました。


日曜日はお気に入りのラジオ番組も多く、午後からはラジオを聴いているとあっという間に時が過ぎて行きます。朝は8時からFMかほくの水曜なるほどインタビューの再放送、9時からFM COCOLOのBreeze on Sundayが11時まで。お昼は14時から山下達郎のSunday Songbook、17時からは再びFMかほくに戻り、アフターコロナウィズコロナの再放送、18時から明日を夢見ての再放送、19時からLOVE FMのKong Showが21時まで、とラジオをつけているとあっという間に時間が過ぎます。


ラジオをBGMに、溜まっていた領収証をつけて行ったり、ノートに貼ったりして過ごしました。私はやよい会計のクラウド版を使っています。今年からちゃんと会計ソフトを使おうと思って、色々と考えたのですが、結局弥生会計が一番わかりやすいだろう、ということで選びました。使う分には不自由ないです。そして、連休が明けたら申請をしようとしていた通信販売酒販小売業免許の申請準備も行いました。


全く素人の自分がビジネスをしていくには、すでに成功している人を真似るのが一番確実、と考え、mitosayaの江口さんの書かれた本を参考に、まずは通信販売小売業、それも輸入酒から始める、という作戦にしていました。この方法では時間はかかりますが、一番確実に、かつリスクも少なく、進めていけるかと思いました。リスクが少ないとはいえ、仕入れや輸入にはそれなりに資金が必要ですから、融資を受けなければできなかった、というのが私の現時点です。きちんと計画を立てて、貯金をされて資金形成をされている方であれば、問題なく進めていけるのではないか、と思います。


帳簿をつけると、どれくらいの資金がかかるのかも認識できるようになり安心できるのと、何より手元に溜まった領収証が片付くので、気持ちがスッキリします。スッキリした気持ちで残りの連休を楽しみたいと思いました。




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示