• Yuki

能登島ワーケーション

月曜日、今日は初めてのワーケーションです。

Wifiのある七尾市能登島向田のゲストハウス葉波さんから、ZOOMで仕事になりました。


ちょっと早めの朝ごはんをいただき、スタートですが、この朝ごはんがめちゃくちゃ美味しかったです。能登島の地の物が並び、全て美味しかったです。朝ごはんだけでも宿泊する価値はあるかと思います。あいにくこの日は雨だったので、散歩には行けませんでしたが、窓から見える景色は趣がありました。

早速朝からZOOMに入り、午前中はなんだかんだと忙しくあっという間に時間がすぎました。気がついたらバタバタとお昼も過ぎていました。


お昼は、能登島向田の有名な生そば槐(えんじゅ)さんに予約をしていました。やっと行ける、という期待でとてもワクワクしていきました。静かなお庭の見える和室の席で、ゆっくりと三色盛りをいただきました。それはそれは美味しかったです。そして、何より驚いたのが大きなどんぶりになみなみ注がれた蕎麦湯でした。これがまた美味しく、結局全部いただいてしまいました。かなりの水腹になりました。


帰りは少し歩いて、伊夜比咩神社と愛宕神社にお参りし、午後の仕事へとゲストハウスに戻りました。ワーケーションと言っても、終わってみれば、なんだかいつもの在宅ワークとなんら変わりなく、むしろあっという間に時間が過ぎました。夕方は、能登島にある温泉施設ひょっこり温泉島の湯で、ゆっくりしました。


お風呂から戻ると、ゲストハウスもこの日は自分だけが宿泊のようで、広いリビングも独り占めすることができました。この時間は、貴重な時間、ということで、北国バンケットサービスの橋本社長からお借りしていた「アミ小さな宇宙人」を読み進めました。とても素晴らしい本で、この本がそれからの私をすっかりと変えてしまった本です。


一気に3時間ほどで読み進めた頃、オーナーの福嶋さんが会合から戻ってこられました。そこで、少し飲みますか、ということになり、お酒を飲みながら、能登島について色々お話を伺いました。そして、私が何者であるか、もお話し、ジンを作ろうと思ってるんです、と言ったお話をさせていただくと、能登島にはとても魅力のある材料が揃っており、水も豊富だということがわかりました。


能登島で蒸留所もいいなぁ、と思い始めたきっかけになりました。



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示