• Yuki

能美市国造ゆず

実は、昨日の夜、柚子の皮むきをしていたところ、咲香さんから連絡があり、これから豊若ハウスで5期生の飲み会があるんですけど、行きませんか、とのことでした。せっかくのお誘いなので、参加してみましたら、5期生の皆さんが勢揃いしてらっしゃいました。相変わらず楽しい皆さんです。そして、途中から、5期生で羽咋にいらっしゃる柏木さんがわざわざいらっしゃり、また、学会の後の打ち上げから合流された赤石さんや今期2021年の方も加わり、大変な盛り上がりとなりました。自分もかなり飲んでしまい、途中少し横になりながらですが、皆さんのお話を楽しく聞いていました。明日もあるので、ということで、12時位に珠洲に戻る人たちと咲香さんの車で送ってもらいました。


今日は、里山ファンドの事業計画書を仕上げなければいけない予定でした。何しろ締切が近づいてきました。いよいよまずいなぁ、という状況だったのですが、朝電話がありました。国造ゆずの方からです。今日、搾るから取りに来れたら来ますか、4時くらいまではいますから。ということでした。


困った、と思ったのですが、柚子の確保は待ったなしです。まずはこれから走って向かわなければ、と思い、9時すぎに珠洲を出ました。能美市まで行く傍ら、所々でボトルの撮影を行いました。天気も良かったので、別所岳のゆめてらすでは綺麗な写真が撮れました。


1時過ぎに無事到着し、多田錦の搾りかすを分けていただくことができました。今思うと、1カートンではなく2カートンいただいておけば良かったな、とも思ったのですが、また来年お願いするようにしようと思いました。来年はもっと早いうちにお声がけをして、対応しようと思います。


帰り道は、津幡町の八大龍王社にお参りし、かほく市の道の駅高松でボトルの撮影をし、珠洲に戻ったのは7時前でした。結局、ゆずに明け暮れた一週間でしたが、来週はいよいよ事業計画書を終了しなければいけません。気持ちが焦るばかりです。



閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示