• Yuki

通信販売酒類小売業免許を受託

更新日:2月9日

今朝は輪島税務署に、通信販売酒類小売業免許を受け取りにいきました。


朝早く家を出て、輪島までは車で1時間。いつも通り白米千枚田のPAでトイレに行き、輪島市内に入っていきました。輪島市内に着くと、まずはお酒の神様であるスクナビコナを祀る輪島前神社に御礼参りに行きました。


到着すると、おや、境内に立派なニャンコが居座っていました。ここの主のようななんとも魅力的な姿です。近づいて写真を撮らせてもらいました。ありがとうございましたと御礼申し上げ、しばらく神社の空気を感じていました。


そこから、市内の重蔵神社に向かい、いつもの手水舎を楽しみに見てみたら、この日は無花果の葉と無花果の実が浮いていました。いつも楽しませてくれます。重蔵神社でも御礼参りを済ませ、朝一番で、ラポールデュパンに向かいました。開店まもない時間でしたが、美味しそうな焼きたてのパンを嗅ぎながら、選ばせてもらいました。車の中にパンの香りがあふれる中、道の駅で仕事すべく移動をしました。


道の駅でWifiを使いながらしばらく仕事を済ませ、11時のお打ち合わせに輪島税務署に伺いました。税務署で印紙の提出と説明事項をレクチャーいただき、晴れて認可をいただくことができました。ご担当者には丁重に御礼申し上げました。すると、税務署内で異動されるそうで、今後は新しい担当の方になるそうです。今後、段階を追って免許を取得していき、最終的には製造免許まで行きたいのですが、それには年間6000リットルという基準をクリアしなければなりません。まだまだ先の長い話ですが、相談は随時受け付けるとのことなので、今後も早め早めに相談しながら進めていきたいと思いました。ご担当者目線では、製造は相当可能性が低い、とのことでしたが、諦めずに頑張っていきたいと思います。


これから税関の準備や諸々のことを対応していこうと思います。



閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示