• Yuki

酒ブティックおくださんから千枚田

金曜日ということもあり、少し気持ちが収まってきていましたが、朝の電話会議で自分に原因がある問題がわかり気持ちが落ち込んでいましたが、それでもしばらく仕事に追われていました。


午後になって、酒ブティックおくださんから、追加の1ケースオーダーのご連絡があり、ちょうど夕方時間が取れそうなのと、気分転換もあり、輪島までお届けすることにしました。いつもならもう少し、気持ちも晴れやかなのかもしれませんが、どこか気が虚な状態で気がつくとあっという間に輪島に着いていました。


お話を伺うと、先日の日曜日に金沢で参加されたエムザ近くのよこっちょポッケまーとに出店されたところその日に「のとジン」が10本売れたそうです。おくださんご夫妻の販売力には本当に驚くばかりです。多くの方に試していただいて、喜んでいただければ幸いです。


それから帰り道、千枚田ポケットパークに寄ろうかな、とも思いましたが、まずは帰路を目指して通り過ぎたところ、すでに田んぼに水が張ってあって、夕日が綺麗に写っていました。悩みましたが、しばらくしてから引き返し、ポケットパークで写真を撮ることにしました。写真を撮っていると、猫の鳴く声がしました。振り返ってみると、茶トラの可愛いミャーコがいました。昼寝から起きたばかりなのか眠そうです。それでも近づいてきて、すりすりしてきます。食べ物は何も持ってなかったのですが、しばらくすりすりするので、売店に行って何か買ってやろうと思い、上の売店に向かいました。すると途中までどんどんついてくるのです。ここからは危ないよ、というところで立ち止まり戻っていきました。魚の乾燥したものがあったので、それを買って持って行ってやりました。するとお腹が空いていたわけではなかったようで、見向きもしません。結局、ただすりすりしたかっただけだということがわかり、じゃあねとなりました。オスの猫でしたが、かわいそうに鼻が黄色く、目脂もひどく、野良猫だから仕方がないのか、それでも体調は決して良さそうではありませんでした。また次会えるといいですね。



閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示