top of page
のトニック2本_のばしDSC_6657_イラスト入り.jpg

里山香る炭酸飲料

のトニッ®

NOTO NIC

能登の香りが香る飲みやすい微炭酸に

きび砂糖のやさしい甘味の炭酸飲料。

のトニック®とは

のトニックとは_ローリエ.jpg

のトニッ® は、
能登の里山材料を活用した
炭酸飲料です。

いつでもどこでも誰とでも楽しんでいただける

ノンアルコールの微炭酸飲料「のトニック®️」。

そのまま飲んでいただいても香りや旨みを楽しんでいただくことができますし、

各種アルコール飲料の割材としてもお使いいただくことが可能です。

そのため、名前をソーダやサイダーではなく、あえて、トニック、という名前を使用させていただきました。

能登の幸福感を伝える一品に。

家飲みスタイルを充実させるアイテムとして。

ぜひお楽しみいただければと思います。

のトニックとは_いちじく.jpg
WhatisNOTONIC

商品ラインナップ

商品ラインナップ_いちじく.jpg

いちじく

figs

いちじくの葉のエキスがきび砂糖のやさしい甘味と合わさることで、いちじくの風味が感じられます。

LINEUP
イラスト_ローリエ.gif

爽やかな森の香りとして月桂樹の葉から抽出したエキスで、ローリエの爽やかな甘みが感じられます。

Laurier

ローリエ

商品ラインナップ_ローリエ.jpg

how to drink 飲み方

しっかり甘みのある微炭酸飲料です。甘みが気になる方は、炭酸で割って、ソニック(ソーダ+トニック)でお楽しみください。もっと強い炭酸がお好みの方は、適度に強炭酸を加えてお楽しみください。様々なアルコール飲料と割ってカクテル感覚で、お楽しみいただくこともできます。おすすめはウォッカや焼酎などのクリアな蒸留酒との相性が良いようです。ぜひお楽しみください。

海イメージ_IMG_1159_調整.jpg
THOUGNT

のトニックの思い

のトニック®
作られた背景

能登のクラフト・ジン「のとジン®️」は、2022年4月の販売以後、多くの方に手にしていただくことができ、その清々しい爽やかな香り、飲んだ際のやさしい甘みやスパイシーな苦味、後をひく旨みといった美味しさから、能登のボタニカルへの関心や、能登地方への旅行、能登地方の食材など多くの想いを馳せていただくことができました。本当にありがたかったです。

しかしながら、「のとジン
®️」はあくまでお酒であり、アルコール飲料。年齢制限もありますし、飲める時間や場所への制限もあります。そもそもお酒が飲めない、という方も多数いらっしゃいます。その結果、能登の魅力を全ての方々にお伝えするのは難しい商品であることは間違いなく、これまでにも残念に思うことも多くありました。「いつでもどこでも誰とでも」楽しめる商品であれば、もっと身近に能登の魅力、私たちが普段忘れてしまっている日本の原風景が残る能登の魅力を実感していただけるのではないか、との想いがより強くなりました。

そこで、能登の里山材料を活用して、能登らしい、やさしい香りや甘みを感じる、炭酸飲料を製作してみたいと思いました。もともと、「のトニック
®️」は、「のとジン®️」ではお伝えすることができない方々や、お子様と一緒においしさを感じていただけるシーンやドライブでの運転担当の方にも楽しんでいただけるようなものの必要性から、並行して進めていたプロジェクトでした。

能登にくれば、能登で暮らせばわかることかもしれませんが、能登には忘れ去られた日本の原風景、昭和の原風景がまだ残っているようなところがあります。それは景色であり、人との関わりであり。

そうした場所が、日本の中でいつまでも残っていってほしいですし、少しでもそうした能登の魅力を一人でも多くの方に知っていただきたい、その願いだけで のトニック®️は生まれました。

これからも様々な能登の里山里海の恵みを活用して、ご紹介していきたいです。ぜひ一度手に取ってみられてください。
よろしくお願いします。

なぜそこまで
能登を
伝えたいのか

葉イメージ.jpg
COLLABO

コラボレーション

「のトニック®️」が生んだ
いくつものコラボレーション

今回、のトニック®️が誕生するまでには、たくさんの苦労がありました。

なかなか賛同していただける方が少なく、課題が山積みと言う状況もありました。

しかしながら、丁寧にのトニック®️についてお話をしていくと、

ご理解いただける協力者の方々が集まり、どうにか販売できるまでになりました。

​ご協力いただいたみなさんをここに紹介させていただきます。

能登の里山材料

のトニックに使われている里山材料いちじくの葉、ローリエの葉は、
能登の生産者さんたちにご協力いただきました。

能登町立壁地区 いちじく農家  橋谷さんご夫妻

七尾市 いちじく栽培   おおた まりこさん

立山連峰が見える能登町立壁地区でいちじくを栽培していらっしゃる橋谷さんご夫妻。いちじくの葉をご提供いただけることになり、今回ののトニック®が実現しました。

いちじくの葉

ご実家の畑で独学で始められ、無農薬で丁寧に栽培されているいちじくの葉をご提供いただきました。おおたさんの育てる黒いちじくは特に絶品の美味しさです。

能登町柳田で採れた月桂樹の葉を乾燥させ、のトニック®️ローリエに活用させていただきました。

ローリエの葉

のトニック®監修

ひのともりロゴ_web用.jpg

七尾市 フレンチレストラン「ひのともり」シェフ  

日野 貴明さん

日野さんは、もともと添加物などを使わない天然のおいしさを提供され、ドリンクメニューも独自のクラフトドリンクを提供されていました。クラフト・コーラ、レモネード、その他炭酸のジュース。そのセンスの良さに、思い切って、のトニック®の監修をお願いしました。

七尾市や、能登の地域で大人気の日野さんの開発されたレシピを忠実に再現した のトニック®。きっと気に入っていただけると思います。

イラスト/ラベルデザイン

のトニックのキャラクター

のトニック®のフレーバーごとのイメージを

能登の女性をモチーフにして伝えたい、というコンセプトを、

イラストで表現していただきました。

伸びやかで、自由で、エネルギーに満ちた女性、そしてどこかちゃめっ気のあるチャーミングなイメージを、のトニックで表現できればと思いました。そんなイメージを表現してくださったのが、長岡造形大学4年生(2023年時)の浦山ひなさんです。能登の女性をモチーフに、能登の魅力を伝えたい、というコンセプト通りに、イラストにしてくださいました。

長岡造形大学 浦山ひなさん

のトニックのキャラクターはフレーバーごとに

いちじくは、飛び跳ねるトランポリンのイメージです。いちじくの葉は手を広げたような五葉の葉。それがちょうど飛び跳ねた時の手の動きのようにも見えます。いちじくの自由でエネルギーに満ちたイメージにぴったりでした。

 

ローリエは、しなやかに伸びるヨガのイメージです。ローリエの葉は左右対称で綺麗な楕円形。その形が、伸び上がるヨガのポーズに思えました。ローリエが香り思わず深呼吸したくなるような伸び上がるイメージをイラストにしていただきました。

CUSTOMER

お客様の感想

これまで試作品として、2022年11月「奥能登里山学会」や2022年2月「金沢ホテル商談会」、2023年5月「能登町やなぎだマルシェ」、2023年6月「ウイスキーフェスティバル2023in大阪」で、ご紹介してきました。
その度に、いただいた感想をご紹介します。

なにこれ !

爽やか

あ!

美味しい

わー、

いちじくを齧った

時の味がする!

これはお酒に

合いそう

これ、ヤバい !

新しい !

お客様の感想_横浜.jpg
ウイスキーフェスティバル2023in大阪
お客様の感想_やなぎだ.jpg
能登町やなぎだマルシェ

ご購入はこちらから

オンラインショップバナー.png

NTG エヌティージー

能登人フッター用.png

能登人NOTOGIN®️は登録商標です(商願2020-134778)

小売卸売販売事業者:NTG 松田行正

〒927-1215 石川県珠洲市上戸町北方2-152-1 道下ビル3階

TEL/090-1525-8111  (日中留守電折返対応)  MAIL/info@notogin.com

OFFICIAL SNS
bottom of page